劉翔 復帰戦 上海グランプリ2009

北京オリンピックの棄権から良くぞ復活してくれました!
国内のパッシングはものすごいものがあったと思います。
ここまでコンディションを戻してこれたことは本当にすごいことだと
思います。


タイソン・ゲイ 9秒69の動画 YOUTUBE

タイソンゲイも9秒6台を出してきました。
世界はものすごい進化しています。

塚原選手10秒09の自己ベスト




福島選手の23秒00の日本新

ボルト150m 世界新記録

ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が17日、英マンチェスターの市街地で行われた路上での150メートルレースに参加し、14秒35の「世界新記録」で優勝した。

従来の最高記録は1983年にピエトロ・メンネア(イタリア)がマークした14秒8で、ボルトはこれを大幅に更新。残り100メートルは8秒72で走った計測となる驚異的なタイムだった。

ペドロ杯 2008 アサファ・パウエル動画 9秒89

ペドロ杯 2008 アサファ・パウエル動画 9秒89 (+1.1)


史上2番目に速いスプリンターであるアサファパウエルのシーズンは終了した。
シュチェチェンで行われた国際ペドロ杯にてポーランド国内での始めてのサブ10(9秒台)を記録。
これは24回目のサブ9.90であり、48回目のサブ10になる。この上にいるのはモーリスグリーンの51回だけ。今年アサファはサブ10を15回出したが、これは一年での最高記録。寒い中行われた、ペドロ杯でのスタートリアクションタイムは0.156だった。



ワールドアスレチックファイナル100m アサファ・パウエル優勝

ドイツ・シュッツツガルトで行われた2008年ワールドアスレチックファイナル100mはアサファ・パウエルが9秒87(+0.4)で優勝 2位はカーター 3位はフラターとジャマイカ勢が3位までを独占した。




高画質版はこちら


記録の詳細

アサファの今期最終戦?は9.82 Rieti 2008 Grand Prix Meeting



予選
Wind:+0.9
Rank Athlete Nation Result Reaction time
1 POWELL, Asafa JAM   9.77  0.164
2 WAUGH, Ainsley JAM   10.14 0.164
3 PICKERING, Craig GBR10.15 0.191
4 POGNON, Ronald FRA10.17 0.164
5 MARTIN, Rodney USA10.20 0.164
6 COLLIO, Simone ITA10.29 0.164
7 DONATI, Roberto ITA10.50 0.196
8 WILLIAMSON, Simeon GBR10.55 0.164





決勝
Wind:+1.4
Rank Athlete Nation Result Reaction time
1 POWELL, Asafa JAM      9.82 0.195
2 FRATER, Michael JAM  9.98 0.159
3 POGNON, Ronald FRA 10.10 0.159
4 AIKINES-ARYEETEY, Harry GBR 10.10 0.152
5 PADGETT, Travis USA 10.10 0.156
6 WAUGH, Ainsley JAM 10.14 0.161
7 PICKERING, Craig GBR 10.17 0.197
8 MARTIN, Rodney USA 10.19 0.160



ソース
http://rietimeeting.com/

2008年 最終戦 ゴールデンリーグ ウサイン・ボルト 9秒77(-1.3)  動画 YOUTUBE

 【ブリュッセル=若水浩】陸上のゴールデンリーグ(GL)第6戦、バンダム記念は5日、ブリュッセルで行われ、北京五輪の男子百、二百メートルをいずれも世界新記録で制したウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、9秒77のタイムで優勝し、今季最終戦も勝利で締めくくった。


 元世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)が9秒83で2位だった。

高画質はこちら




Wind:-1.3

1 BOLT, Usain JAM MR 9.77
2 POWELL, Asafa JAM   9.83
3 CARTER, Nesta JAM  10.07
4 FRATER, Michael JAM   10.08
5 PADGETT, Travis USA   10.15
6 COLLINS, Kim SKN    10.22
7 MARTINA, Churandy AHO   10.24
8 POGNON, Ronald FRA     10.26
9 FORSYTHE, Mario JAM   10.36

ソース
http://www.yomiuri.co.jp
http://www.sport.be/

パウエル100メートル9秒72

陸上のローザンヌ国際は2日、当地で開かれ、男子100メートルで前世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)が、世界歴代2位の9秒72(追い風0.2メートル)で優勝した。レース半ばから抜け出し、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が北京五輪で出した9秒69(無風)の世界記録まで0秒03に迫る記録でゴールした。

 ボルトは200メートルに出場し、19秒63(向かい風0.9メートル)で優勝した。最後は走りをゆるめての圧勝だった。



9.77を出した頃よりも
アサファの走りが美しくなってきていると思います。
股関節の伸展トルクを上手く使えるようになってきていますね。
屈曲キックができています。
完成された美しいフォームですね。


ソース元

http://www.asahi.com/

英国グランプリ 百メートルはパウエル 2008




陸上:英国グランプリ 百メートルはパウエル、二百メートルがゲイV
 【ロンドン共同】31日、ゲーツヘッドで行われ、男子百メートルはアサファ・パウエル(ジャマイカ)が9秒87で、同二百メートルはタイソン・ゲイ(米国)が20秒26で優勝した。北京五輪で両種目を制したウサイン・ボルト(ジャマイカ)は出場していない。


【記録の詳細とソース元】

ウサイン・ボルト 北京オリンピック後7日後に9秒83

陸上のゴールデンリーグ(GL)第5戦、チューリヒ国際は29日、スイスのチューリヒで行われ、男子100メートルは9秒69の世界新記録で北京五輪を制したウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒83(-0.5)で圧勝した。

この記録は彼の向かい風最高記録になります。




記録はこちら

ウサイン・ボルト 今期世界最高  200m

アテネグランプリにてボルトが200mを
19.67の今季世界最高記録で優勝しました。




ローマゴールデンリーグにてイシンバエワが5m03の世界新記録で
優勝しました。Jelena Isinbayeva

タイソン・ゲイ9秒68(+4.1) 動画・YOUTUBE 

タイソン・ゲイ9秒68(+4.1) 追い風参考・世界最高記録 動画・YOUTUBE 


コンディション・オイル

こうちゃんの必須アイテムコンディショニングオイル

動画・タイソン・ゲイ9秒77(+1.6) アメリカ新記録 動画・YOUTUBE 



セラミックスパイクピン

超軽量スパイクピン


動画・ジャマイカ選手権200m ウサイン・ボルト 19秒97(+1.7) 動画・YOUTUBE 



ジャマイカ選手権・ボルトが9秒85で優勝

ジャマイカ選手権・ボルトが9秒85で優勝 パウエルは9秒97風は-0.1でした。
ボルト完全に流しています。



コンディション・オイル


こうちゃんの必須アイテムコンディショニングオイル

Usain Bolt  ウサイン・ボルト ジャマイカ  9.72 世界新記録 youtube

ウサイン・ボルト100m9.72世界新記録を出しました。

事前の記者会見では北京には100で出場しないと言っていたボルト。
ほんとうだろうか(笑)



Usain Bolt  ウサイン・ボルト ジャマイカ  9.72 世界新記録 100m 陸上 youtube  動画





Usain Bolt  ウサイン・ボルト ジャマイカ  9.76

陸上のジャマイカ国際招待が5月3日、キングストンで行われました。
男子百メートルでウサイン・ボルト(ジャマイカ)が世界歴代2位の9秒76で優勝しました。スローで編集したので、じっくりフォームを研究してください。

世界室内陸上 60mハードル

IAAF indoor WC 2008. Valencia. Men's 60m Hurdles Final.

Men's 60m Hurdles Final



1. Xiang Liu 劉翔(CHN) - 7.46
2. Allen Johnson (USA) - 7.55
3. Stanislavs Olijars (LAT) - 7.60
3. Evgeniy Borisov (RUS) - 7.60
5. Thomas Blaschek (GER) - 7.64
6. Allan Scott (GBR) - 7.65
7. Jackson Quinonez (ESP) - 7.66
8. Yoel Hernandez (CUB) - 7.91

IAAF World Indoor Championships 2008. Men's 60m Final.

2008年世界室内選手権 陸上競技  男子60m
Men's 60m Final




1. Olusoji A. Fasuba (NGR) - 6.51
2. Kim Collins (SKN) - 6.54
2. Dwain Chambers (GBR) - 6.54
4. Michael Rodgers (USA) - 6.57
5. Vicente de Lima (BRA) - 6.60
6. Isaac Uche (NGR) - 6.63
7. Simeon Williamson (GBR) - 6.63
8. Andrey Yepishin (RUS) - 6.70

もうひとつの世界選手権 マスターズ
M40 - 60 m final. Masters indoor world championships 08



60m - Salle / 40M - Finale 1 18/03/2008
1 7''12 962 TRAJKOVSKI Christian M M40 Danemark
2 7''13 958 MAKAJ Arben M M40 Albanie
3 7''22 925 TAVITIAN Zaven M M40 Canada
4 7''23 922 SAMUEL Rohan M M40 Grande-bretagne - Irlande Nord
5 7''38 872 LAUNEY JOCELYN M M40 France
6 7''43 854 POWELL Dalton M M40 Grande-bretagne - Irlande Nord
7 7''49 837 LEMASSIF Christian M M40 Canada
8 7''54 819 TELFER Ken M M40 Australie

イベント情報

9/23(日) 全日本実業団in岐阜メモリアルセンター 
試合結果と動画


9/28(金) ケント・デリカット トークショーin末日聖徒イエスキリスト教会 
名東ワード℡052-773-4189  19:00~21:00 地図

9/29(土) 27:55 TBS系列 テレビ 全日本実業団陸上を放送!!

9/30(日) こうちゃん29歳の誕生日

全日本実業団マイルリレー

マイルリレー決勝
大阪世界陸上代表が黄色ゼッケンをつけていますが
今回富士通は3人の黄色ゼッケン選手を揃えてきました。

そのなかには110MHで13秒55の記録を持つ田野中選手もいました。
実は私と同い年なのですが、まったくの専門外の種目に
挑戦した田野中選手の走りに私は感動しました。

800mの笹野選手は同郷同学年ということで
高校時代から良く知っている選手です。

【動画】アサファ・パウエル 9秒74 世界新

アサファ・パウエルが従来の世界記録を0.03秒更新する9秒74(+1.7)の世界新記録を樹立しました。

アサファがカールルイスやマイケルジョンソンのようなスパースターになれるかは世界大会で勝てるかどうか?とうことにかかっていると思います。記録はいつか破られますが、順位は永久に残るものですから。

asafa powell 9.74 ようつべ youtube 動画



//////////////////////こうちゃんのお勧め商品/////////////////////////

日本陸上界発展のために伊藤先生のDVDは無料で送付しています。(送料のみ)短距離走のバイオメカニクスをぜひこの機会に学んでください。私の短距離走の常識が変わりました。目からうろこです。サンプルはこちら


伊藤教授のバイオメカニクス



セラミックピン愛用者から自己ベストの報告を多数受けています。全中ランキング2位のしょうたくんのセラミックピンの感想はこちら

2_1s_50.jpg


超軽量セラミックピンのショッピングサイト

超軽量セラミックピンの動画商品説明



しょうた君400m(中3)=50秒44(2007.5)
→50秒00(2007.7)


海優君100m(中3)=11秒70(2006.11)
→11秒54(2007.5)
→11秒45(2007.7)
→11秒22(2007.7)



じゅんや君100m(高2)=11秒88(2006.8)
→11秒56(2007.7)



朝原さんの魂の走り

9/1に行われた男子4×100mR

日本チームはアジア新記録を出しながらも5位

メダルを狙っていただけに残念な結果でした。
しかし、4継メンバー4人の魂の走りを皆さん感じたと思います。

やっぱり最後はHEARTだなぁと思った経験でした。

高平選手が3走を務めた今回のナショナルチーム。
日本代表レベルであっても朝原さんに渡すと言うことが
どれほど大変なことか私は良く分かります。

そういう意味で、4人の力がなければ今回のアジア新記録は
達成されなかったでしょう。

4継メンバーの皆さん、感動をありがとう。


//////////////////////こうちゃんのお勧め商品//////////////////////////


日本陸上界発展のために伊藤先生のDVDは無料で送付しています。(送料のみ)短距離走のバイオメカニクスをぜひこの機会に学んでください。


2_1s_50.jpg


超軽量セラミックピンのショッピングサイト

超軽量セラミックピンの動画商品説明


超軽量セラミックピン、7mm,入荷しました。
セラミックピン愛用者から自己ベストの報告を多数受けています。

しょうた君400m(中3)=50秒44(2007.5)
→50秒00(2007.7)


海優君100m(中3)=11秒70(2006.11)
→11秒54(2007.5)
→11秒45(2007.7)
→11秒22(2007.7)



じゅんや君100m(高2)=11秒88(2006.8)
→11秒56(2007.7)

【動画】義足のランナー オスカー・ピストリウス 400m 46秒90

クロさんの日記にあった選手の動画を発見しました。

 13日にあった陸上のゴールデンガラにおいて両脚に障害があるクラスの世界記録保持者のオスカー・ピストリウス(南アフリカ)が男子400メートルBレースにて、一般選手と走り、46秒90で2位に入りました。

後半のストライドはすばらしいものがあります。

(レースの動画)
↓↓↓

生理的限界よりも精神的限界のほうが先に来る

生理的限界よりも精神的限界のほうが先に来る
清水宏保選手
↓↓↓

【動画】ローザンヌグランプリ  アサファ・パウエル タイソン・ゲイ

アサファ・パウエルがリレーで好走してくれました。
リハビリも順調のようです
2007 Lausanne Super Grand Prix - Male 4 x 100m
4レーンジャマイカ

1 JAMAICA JAM 38.75
2 GREAT BRITAIN & NI GBR 38.78
3 NETHERLANDS NED 39.37
↓↓↓

2004アテネオリンピック・マイルリレー決勝

2004アテネオリンピック・マイルリレー決勝
↓↓↓

1996年 アトランタオリンピック 4×100mR

常勝チームアメリカ相手に、力で挑んだカナダチーム
ベイリーの走りは必見です
↓↓↓


Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.