怪我を通して学ぶことは多い

ノックでボールが眼球に直撃したというのは、
なんとも僕らしいエピソードだ。


僕という人格を集約していると言っても過言ではない。

こういう、不慮の事故というか
やんちゃな怪我というのは僕の少年時代多かったように思う。
よく覚えているのはおじいちゃんによく消毒してもらったことや、
近所の石黒外科に連れて行ってもらったこと。

後遺症が残らないのであれば、
小さいときに怪我はしたほうが良いと思う。

怪我を通して学ぶことは多いのだから。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/941-ac2f83bc



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.