中学時代11

さて、西尾張大会を通過した私に待ち受けるものは愛知県中学選手権だった。

実は愛知県には2つの県大会があり、選手権と通信大会の二つがある。

陸上部のない中中は通信大会には出場していない。

今度私が出場する愛知県選手権の前に愛知県通信陸上大会があると聞き、偵察がてら
見に行くことにした。

私が瑞穂競技場に付いた時ちょうど3年生男子の決勝がスタートしようというところだった。
みると決勝には古知野中の溝口くんも決勝に残っている。

溝口君は序盤得意のスタートでリードしてたものの、中間に入ると、
真ん中のレーンの選手にこぼう抜きにされ、結局6~7位でゴールした。

勝ったのは守山中の筒井君。タイムは11.1台だったと記憶している。

愛知県にはまだまだ早い選手がいるなぁと思いながらも、僕だったって溝口君に勝ったのだから、
県大会では上位に入れるはずだし、筒井君にだって勝てるはずと根拠の無い自信を私は持っていた。

県大会は瑞穂運動場のオールウェザートラックで開催される。
一宮市出身の私にとってオールウェザートラックはまだ見ぬ世界であり、
当然、普段走っている土のトラックとゴムのトラックではゴムのトラックの方が
良いタイムが出ることは歴然だった。

だから、今度走る県大会ではもしかして、とんでもない記録がでるのでは無いかと内心思っていた。
genre
スポーツ
theme
陸上競技

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/82-54fe16ea



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.