ブレーキ力の役割

速く動く地面に力を加えることは困難です。
ブレーキ力があるからこそ、
一旦速度を落としてそこから水平方向に力を加えやすくなるのです。


伊藤教授のバイメカ資料_0017


速い選手ほどブレーキ力も加速力も大きいです。
ブレーキ力を小さくしても速く走れません。
速い選手はブレーキ力をSSC(ストレッチ・ショートニングサイクル)として
加速に転化する技術があります。

多くのスプリンターはブレーキという言葉に
違和感があると思いますから言葉を言い換えると
速い選手は、瞬間のブロッキングが上手いと言い換えられます。

骨盤の固定も不可欠な技術です。
伊藤教授のバイメカ資料_0021


接地時間を短くしたら、速く走れるのではなくて、
短い接地時間で、うまくブレーキを掛け、キックして加速する力
決められた接地時間の中で大きな力を地面に加えられる筋力が
疾走速度を左右します。

伊藤教授のバイメカ資料_0020

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/758-4b2a27aa



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.