スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆動画☆大体大競技会

大体大競技会の動画です。
今回、内転筋を鍛えすぎたことと、
バランストレーニングとBMLが不十分だったことが
原因と思われます。バランスをかなり失って走っていますね。

福男だったら、こけているかもしれません(笑)
福男に向けて課題が見えてきました。

Comment

サイバーさん、矢野くん 10秒台くん SSくん
ありがとう。

来期は自己ベストが狙える位置にいると思います。
よく準備計画して来期に備えます
2007⁄11⁄20(火) 09:46 |

陸上は本当に凄い競技ですね。
僕は光一郎さんは賢者だと思いますよ。
2007⁄11⁄16(金) 18:37 |

早速調べてみます!
ありがとうございました。

筋肉は様々なアプローチで鍛えていく事が大事みたいですね。

光一郎さんはとても心のしなやかな
人だと思います。
2007⁄11⁄16(金) 00:14 |

返信ありがとうございます。
やっぱりパワーはあがってたんですね。自分でも分かってるとは思いますが後半筋持久力が足りなかったですね。
2007⁄11⁄15(木) 18:55 |

10秒台を目指す男さん、SSさん、サイバーさん

内転筋の役割は股関節の内転だけにとどまらず、
外旋にも、伸展、屈曲にも作用します。

詳しくは「内転筋」「筋活動の逆転」という
キーワードで探してみてください

今回起きた現象の原因をを完璧に説明することが私はできませんが、
ある程度予想は付いています。

まず、普段よりも外旋気味に接地していることが動画から
わかると思います。

接地が外旋(がにまた)になったのは
内転筋を鍛えたから悪いのではなく、
鍛える方法やバリエーションが
一方的過ぎたことに原因があると思います。


股関節は伊藤先生でもわからない点があると
いうくらい複雑な関節です。

特に内転筋は筋活動の逆転もありますから
なかなか難しいのです。

しかし、内転筋の太さと100mの
疾走速度は比例しているとのデータも
ありますから、スプリンターにとって
重要な筋であることは間違いないと思います。

方法論については、やはり試行錯誤です。

力強さを誉めてくださり、ありがとうございます。
実はパワーはあがっており、
レース中の30mまでは悪くなかったと思っています。
それは唯一今回のよかった点でしたね。

しかし、いくらローギアが優れていてもあまり
タイムにはあまり反映されないものですよね。

ハイレベルになればなるほど、小さな狂いが
わかるようになってきます。最後にパフォーマンンスの
差を分けるのは圧倒的な筋力とかではなくて、
バランスやしなやかさという柔の要素なのだと
思います。

そして、最後にこころのしなやかさな人になりたいですね。
2007⁄11⁄15(木) 00:34 |

内転筋を鍛えすぎるとどうなるんでしょう…?
2007⁄11⁄14(水) 23:19 |

バランスは崩れていますが、前より力強くなったように見えます。
2007⁄11⁄14(水) 21:32 | | [edit]

やはり10秒台の方は細かな事が影響してくるんですね。
2007⁄11⁄14(水) 21:16 |

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/668-dc2e30b4



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。