中部実業団分析

予選11秒07(-2.1) 52歩=4.697歩/秒 1歩=0.213
準決勝10秒97(-1.8) 51.5歩=4.695歩/秒 1歩=0.213 

【技術目標・達成度】今回試合に臨む際に自己に課した技術目標は2つ。
これは試合当日に意識して達成できる動きは
だいたい2個~3個までだと経験上感じているため

・相撲スタートでストライドを稼ぐ→達成度3/5→【改善点】3歩目と4歩目のつなぎ目
・膝屈曲キック→達成度3/5→【改善点】後半は膝伸展している

【今回の試合での気付きと改善の余地】
・膝屈曲によって、股関節の伸展パワーがないとき(不調時)でも
ある程度走れることが出来た。しかし、ストライドは出なかった。

・ストライドが出つつ、膝屈曲するようなキックを手に入れたい。

・向かい風の走りを改善することが急務と感じた。

・向かい風の走り方について、研究によって自分で答えを出すことが
必要だ。

【今回の結果の原因】
今回は最大スピードを高めるため、チューブでの加速走がメインだった。
確かに、最大スピードが高まり、ある程度の結果を出すことができた。
しかし半面で、全習法である実際に100mを走るという練習が不足していたので
つなぎ目をうまく走れないと言うデメリットが表に出た。

部分練習法と全習法の使い分けが必要。

負荷走や全身を鍛えるウエイトであるクリーンや
メディシンボールエクササイズをもっと頻繁に取り入れても良いと思う。

負荷走
①向かい風
②坂上がり走
③ウエイトをを引っ張って走る

現在体重が55.5kgぐらいである。これはベスト体重よりも2kg軽い。
私の場合、練習が不足すると、逆に食欲が沸かなくなり、やせる傾向にある。

これは家系的な(遺伝子的)要因が大きい。
特に20代後半になり、食が細くなった感は否めないが、何事にも対策法はあるはずだ。

これが今回向かい風に負けた大きな要因の一つ。

この冬に世界クラスのパワーリフターやパーソナルトレーナーから
(たとえば、浜崎さん、三土手さん)
パーソナルトレーニングを受けようと思う。

今後、完全な疾走フォームが完成した場合、それ以上タイムを上げる為には
キック力をつけて、ストライドを伸ばすことになってくるから。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/642-541e6ee9



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.