【地面に伝わるキック力】

・スタート一歩目はブレーキほとんどなく、加速だけ。
走速度た高くなるとブレーキが増え、加速が減る

・そしてブレーキと加速が同じになったときの走速度が
最高速度となる

・キックすることができる時間(チャンス)は一歩ごと
(走速度が高くなるにしたがい)短くなってしまう。

※資料提供 大阪体育大 伊藤章教授





■短距離走のフォームを科学的に理解しよう
スプリンターのバイオメカニクスDVD



■最軽量のスパイクピン
セラミックスパイクピン


■冬季練習の冷えた筋肉を暖めて、ベストな練習を
コンディション・オイル


■最大スピードを高める最強の道具
ハイパースピードチューブ


Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/572-830651c3



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.