腕相撲

昔から腕相撲にはちょっと自信があって、
腕が細い割りに結構強かった。
いつもクラスでも1番を競い合っていた。

ときどき、教会のインスティテュートの授業が終わると
果敢にも私に挑戦してくる若者の挑戦を受けることが
たびたびあり、わたしの楽しみの一つになっている。

しかし、最近、町田のカンファレンスで大敗して
腕相撲からは遠ざかっている。理由は初動負荷トレーニングの
せいで、ファーストプル以外の力が弱くなっているから。
これは仕方ないと思いつつも、少し寂しい(笑)
僕は高校1年から本格的にウエイトトレーニンングをはじめた


当時は最大筋力のみを伸ばすためにウエイト・トレー二ングを
実施していたため、筋が硬くなったり、体が重くなったりと、
いろんな失敗をしたがそれらの経験は、ウエイトトレーニング

パワーを高めるのに効果的な反面、やり方を間違うとパフォー
マンスダウンに
つながること、つまり諸刃の剣であることを僕に教えてくれた


1998年、大学2年の時に初動負荷トレーニングを実施し始めた
わけだが、
当時、関西で初動負荷マシンが設置しているジムは京都のクラ
ブコングと
関西創価高校ぐらいだったと思う。

1998年春先に靭帯を断裂したため、4.5.6.7月は
リハビリに当てられたのだが、
私はこの走れない時期を利用して
初動負荷トレーニングにかけてみようと一念発起し
熊取駅から長岡京駅までの定期を買い電車で1時間半かけて
通っていた。

復帰戦はその年の8月の終わり。
私の熱意が愛知陸協に届き、
愛知県選手権に出場していない私が
推薦枠で東海選手権に出場させて頂くことができた。

結果は10秒45を出すことができて3位に入賞。
日本選手権の出場権を得ることができた。

このとき決勝で一緒に走った鈴木久嗣さんに
(バルセロナオリンピック代表)
初めて声をかけて頂き、
「愛知県の陸上を頼んだぞ!」
といわれたことをよく覚えている。

2_1s_50.jpg

超軽量セラミックピン、9mm入荷しました。
★★★★★★★★★★★★
■このブログのホームに戻り、最新の記事を読む
■こうちゃんの練習日記
■こうちゃんのバイオメカニクス講座
■動画★一流選手のフォーム
■スプリント・トレーニングマニュアル
■こうちゃんの陸上教室へジャンプ
■動画★福男へジャンプ
■動画★こうちゃんの試合結果へジャンプ
■こうちゃんのコラムへジャンプ
■MUSIC&DANCE!へジャンプ
■青春時代(中学)へジャンプ
■青春時代(大学)へジャンプ
■青春時代(宣教師)へジャンプ
■日記へジャンプ
■動画★おもしろ動画
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment

腕相撲かぁ。。。腕相撲はどこの筋肉を使うんでしょうねぇ。。。
俺が思うに全身の筋肉?

2007⁄02⁄24(土) 10:20 | | [edit]

このサイトすごくきれいになりましたね!
2007⁄02⁄24(土) 03:39 |

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/417-b270df83



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.