スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイメカ「屈筋と伸筋の切り替え」

バイオメカニクス
今回は「屈筋と伸筋の切り替え」です。

これは、編集に3時間掛かりました。

何度も見て欲しいです。

どこで筋が切り替わるのか
よく学習してください。

※資料提供 大阪体育大 伊藤章教授

伊藤先生の講義DVDが欲しい人はこちらで注文してください。※無料で配布していますが、送料のみ負担をお願いします。

動画でレッスン
↓↓↓

Comment

はじめまして。

屈筋から伸筋への切り替えのタイミングなどとても参考になりました。

ところでこのグラフの縦軸のトルクは地面反力や重力などの外力を除外したものなのでしょうか?単に関節角を2回積分してトルクを求めたものだとすると外力も含まれるため接地時に筋が発揮する力については議論できないような気がしました。
2009⁄02⁄26(木) 21:00 |

大和さんへ
伸張性収縮をブログ記事にしましたので
よく研究していただけたらと思います
2006⁄12⁄05(火) 00:41 |

まず初めに、コメントありがとうございます、、
なんというか、本1冊読んだだけで分かった気になっていたように思えます。。
「伸張性筋収縮」。。。こうちゃんさんのブログでよく目にするキーワードですよね。。
この言葉自体、僕は良く分からず見ていたように今、思います。
まだまだ、勉強が足りませんね(汗。。

2006⁄12⁄04(月) 21:35 | | [edit]

ユーザーさんへ
350円分の切手を同封して、指定の住所に送付してくださるようにお願いします。

大和さんへ
「バイメカで言っていることは、初動負荷を使ったものであり、また、その時使われる、筋肉の動きを分かりやすく解説してくれているものである。」です。どうでしょう?当たっているでしょうか?

そう筋肉の切り替えしが初動負荷そのものなんだよね。初動負荷という言葉は小山さんが作った言葉。それまではなかった言葉なんだよね。それまでは「反動」とか「バリスティック」とか言われていたのね。

キーワードは
「伸張性筋収縮」
これをトレーニングに生かして欲しい
2006⁄12⁄04(月) 00:38 |

本日も動画での説明お疲れ様です。(3時間もかかっただけに)すごく分かりやすかったです!!!5回も見ました(笑;
自分自身は、本日、休養日と言うことで市内の図書館で「『奇跡』のトレーニング」を読んできました。(2時間かけて汗)
それを読み、バイメカ14、また、14で盛さんとこうちゃんさんたちの言っていたことが少し理解できたように思えます。。
僕の解釈といたしましては、
「バイメカで言っていることは、初動負荷を使ったものであり、また、その時使われる、筋肉の動きを分かりやすく解説してくれているものである。」です。どうでしょう?当たっているでしょうか?

(間違っていたら、すみません。。&そのときの、ツッコミのコメントよろしくです。)

>ユーザーさん
350円分の切手を封筒に入れて、送ればいいのでは?(間違ってたらすみません;;;

PS.今日、SNSに登録しました、。これからよろしくです、

2006⁄12⁄03(日) 23:24 | | [edit]

伊藤先生のDVDの350円はどのようにすればいいんですか?
2006⁄12⁄03(日) 20:33 |

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/342-46b7e9c6



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。