スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「法則を知らずして想像力は生まれない。」

大阪体育大に私は大きな希望を抱いて入学した。
学生間でどんなレベルの高い議論が展開されるのかと思っていた。

しかし現実は違った。
教授は最高だったが、学生のレベルは低かった。
競技レベルのことではない。知識のレベルのことだ。
入学当初、私は投てきチームがグランドサイドで
ウエイトトレーニングをしているところを見かけた。

そこで唖然とする。ベントオーバーローイングしているらしいが、
まるでフォームがなっていない。
一目見ただけで、体育大学のレベルが分かった。

学生の競技レベルは高い。しかしそれは高校の時の貯金でやっているものが多い。
大学でベスト記録を出す為にはそれなりの知識に基づいたトレーニングが不可欠なのだ。

その点、高校時代、指導者に恵まれなかった私は独学でトレーニング学を学んでいたことが
大学に入って吉と出た。

当時、同級生とのトレーニングに関する会話は低調だった。
私と対等に話しができるのはたった一人。相馬くんだけだけだった。
(相馬君は一番福男になり、後に200mで20秒94を出した。)

高校時代、特に強豪の高校で育った選手が大学に入ると伸び悩む。
よくあることだ。

この大きな理由に、知識不足と自己管理能力不足がある。
自ら知識を渇望しなければ、成長はない。これは断言できる。

知識=競技力
と言っても過言ではない。

学生はもっと本を読み、ビデオを擦り切れるほど見て、フォームを研究して、
練習日記をつけるべきだ。これさえやっていれば必ずタイムはでるし、
スランプに陥ることはほとんどない。断言できる。

証得るためにというビデオを作った意図は
インスピレーションを得てほしいから。

「法則を知らずして想像力は生まれない。」
と伊藤章教授(大阪体育大)
は言われた。

インスピレーションを受けて初めてアスリートとしてのアイデンティティーが
生まれると思う。

インスピレーションはぽっとひらめいて、
すぐになくなる浅い知恵でないはない。

大音楽家ベートーベンが
作曲する時、天からの霊感を感じるという。

これこそ、インスピレーションだと思う。


正しいインスピレーションを受けるには正しい手順が必要なのだ。
だから、その手順を私は若いアスリートに
この大切なステップを踏んでほしいと思う。

安易に質問せず、じっくり考えてほしい。
★★★★★
もちろん、いつでも質問は大歓迎だ。
あなたが求めるものを私は教えたい。それは私の成長になるから。


「証を得る方法」

(ブルース・R・マッコンキー著 Mormon Doctrine引用)



ブログ・ランキングに投票お願いします♪
↓↓↓↓↓
ブログランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■このブログのホームに戻り、最新の記事を読む
■動画★一流選手のフォーム
■こうちゃんの陸上教室へジャンプ
■動画★福男へジャンプ
■動画★こうちゃんの試合結果へジャンプ
■こうちゃんのコラムへジャンプ
■MUSIC&DANCE!へジャンプ
■青春時代(中学)へジャンプ
■青春時代(大学)へジャンプ
■青春時代(宣教師)へジャンプ
■日記へジャンプ
■動画★おもしろ動画
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment

sweet-hunky
CPUとメモリは?
どうなってる?
2006⁄06⁄27(火) 20:35 |

IT格差

6年落ちのパソコン、しかもエントリーモデルでストリーミングはキツイっす。
せっかくの光ファイバーももったいないな。
2006⁄06⁄27(火) 20:15 | | [edit]

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/228-42eead5c



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。