04/07のツイートまとめ

fukuotoko

左股関節の外旋動作がうまくできるようになって、最高速度のフォームはいい感じなんだが、1歩目から外旋するとスタートはハマラナイ。かといって、スタート3歩目までは、普通に出ると、ハムが怖い。ということで、しばらくはスタートは捨てて、このフォームで走ろう。
04-07 21:42

ってそもそも7割って何だ?自己ベスト10秒42÷0.7=11.57...なのか?(笑)そこらへんとても微妙だわ
04-07 21:42

本日の朝練5×100コンクリ 下り坂 右前腕回内と左股関節外旋のリンクを意識。インターバル間は、ダイナミックストレッチを行い、一本一本ほぐしてから、走る。スピードは自然と出た。7割くらいで走れるのは、ここ数か月の低迷から考えると画期的。
04-07 21:42

速く走ることの研究は盛んだが、故障しない身体を作るにはどうしたら良いか?という分野はまだまだ体系化しているとは思えない。「つまるところ、陸上競技は怪我なくトレーニングを積めれば、必ず速くなるのだから」
04-07 15:11

またこれは子供を育てる上でとても大切で、小学生から競技を始めたハードル選手が30歳過ぎてもアキレス腱痛に悩まされないようにするには、幼少期からどんな運動習慣を取り入れるべきか?といったことも今後の研究になると思う。
04-07 15:11

先輩達が試行錯誤したノウハウを継承し、10年後の自分が故障しないようにするためには、どのような強化が必要か?ということを最近よく考えている。
04-07 15:11

そして、全く諦めていない。彼らは本心から陸上を愛していると思う。諸先輩方が怪我をどう乗り越えたか、どう付き合って行ったか?この経験談は金言だと思う。
04-07 15:11

マスターズ陸上をやっていて思うのは、皆怪我をしながらいろんな工夫をしてそれを乗り越えているということ。怪我で何年も全力走ができなくてもあきらめずにリハビリメニューを黙々とこなしている。しかし彼らの背中に悲壮感はなく、この状況を受け入れて楽しんでいる。
04-07 15:10

@Rikujou100mlj お大事にして下さいね!
04-07 13:59

@yukkitaf668 腕を後ろに振り下ろした時に回内します。なので前に戻す時には、回外しますね。
04-07 10:05

ちなみに、欲張って両手を回内させると、ギクシャクします。インパクトを与えるのは、片手だけにした方が無難です。ランニング時にキックが下手くそな方、膝が伸展しまう方の逆側の手を回内させるといい感じで股関節が外旋します。左脚が下手→右手を回内右足が下手→左手を回内
04-07 09:35

腕を太くして、ハムの負担を減らすとか、手を回内させて、ハムの負担が減るとか(笑)人間の身体はとても奥深いとつくづく思う。
04-07 09:35

私が痛めるのは、いつも左ハムストリング。右はほとんど無傷。これは明らかにアライメントが狂っており、左側のキックが下手くそな証拠だと思う。実際、調子が悪い時、キック時の左膝はやや伸展してしまっていることが多い。今回、右手を回内させるという動作を入れただけで、これが解消された。
04-07 09:34

回内させただけで、ランニング中のハムに痛みを感じることなく、気持ちよくキックできる。脚が理想的な起動上で動いている確信がある。しっかり整備された新幹線のレールをスムーズに移動している感覚。これがあると、アクセルを踏んでも怖さはない。
04-07 09:34

右前腕を回内(かいない)させると、接地中の左脚股関節が外旋することを発見した。自分の中ではとても大きな発見だった。ノーベル賞級の発見(笑)
04-07 09:34

上半身、腕の筋肉量が増加してきたので、180gのリストバンドを外しても、重心を高く保てるようになってきた。ハムの調子も全快ではないが、日に日に良くなって来ている。
04-07 09:33

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/2214-665f04f4



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.