スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエイトトレーニングを実際の疾走動作に近づける

伊藤先生はデッドリフトをするときも実際の疾走動作に近づける為に膝は曲げたままでフィニッシュの方がいいと仰っていた。

この原則を応用して、片足スクワットのフィニッシュを捻り気味(外旋動作)に行ったらどうだろうか?

また、トランポリンでのフライイングスプリットにも45度の捻り(外旋動作)を入れてはどうだろうか。

今気づいたんだけど、NBAのトッププレイヤーは、普通のワンハンドダンクもバックダンクも同じ位高く跳べる。つまり、外旋動作のタイミングが抜群に上手い。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/2122-e97d004d



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。