スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のとっての理想の階段フォームを考えてみました。

私のとっての理想の階段フォームを考えてみました。
長年階段走をやっていると、自分の弱さ、強さ、ライバルの選手の強さ、弱さ。はっきり見えてきます。そんな中で、自分にとって何を最優先にトレーニングすべきか、いつも優先順位をつけて練習できたように思います。




【体力編】
・接地の瞬間に腰が乗りつつもファーストキックでフルスロットルできるパワーを持つ
・キック動作の終盤で膝を完全伸展させなくても、楽に3段飛ばしができるバネ

以上を実施するためには
・最大筋力のアップ(ウエイトトレーニングの充実)
・初動負荷的な動きのマスター(柔軟でしなやかな筋肉をつくる)
・エキセントリックに負荷をかけ反動で上がる動作の反復
(トランポリンやSKYRUNNER)

///////////////////////////////

技術編
センターを立てる
→前傾する
→背筋で吊る
→リニアモーターのレールが背骨を貫くイメージ
→レールに沿って重心とセンターが移動していく
→骨盤移動に連動して、足裏がかかとからローリングしていく




Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/2104-29ce5b85



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。