シューズ選びは出会いと同じ

以下は引用記事

引用元
//////////////////////////////
アディダスが誇る新たなイノベーション。ロイター板からインスパイアされた独特なブレードソールが一歩を変え、ランナーはハンパない反発力を体感する。一番の特徴は16枚の高弾性ブレードで構成されたミッドソール。独自のハイテクポリマー素材(TPU)で形成された16枚の高弾性プレートのそれぞれが、着地や足の運び、また、他のブレードの機能を考慮し、配置により異なる長さや硬度、角度、厚さに設定されている。 【反発力がハンパない】adidas
(以上引用終わり)
/////////////////////////////

スプリングブレードというアディダスのシューズを試し履きするために名古屋の栄にあるアディダスショップに行きました。私はこのシューズにかなりの期待をしていた。これをはいてプライオメトリックをしたら効果的なのではないか。とトランポリン以上の効果がどこでも味わえるんじゃないだろうか。アキレス腱痛も和らげつつ、効果的な伸張反射を味わえるのでは、ないかと。
z-G98612-01.jpg

試し履きしてみて、確かに普通のシューズよりも跳ねた。跳ねたものの、少し物足りない。
僕が期待していたのはSKYRUNNERのような跳ね方だったから。



なかなか良かったものの、定価販売だったこともあり、19980円だす価値は見いだせなかった。
本当にシューズ選びって出会いと思う。運命の出会い。運命の人と出会う確率は、0.0000034パーセントらしいがシューズとの出会いもそれに等しい。本当にこれだ!と思うシューズに出会うのは本当に稀だ。ちょっといいなって思うシューズは時々見かけるが、実際履いてみると、履いた瞬間。「これは違う」とはっきり分かる。


運命の人と思った相手は運命の人ではなかった。初デートは失意に終わった。しかし、長い人生、すべての出会いがうまく行くわけじゃない。それは分かってる。また、出会いのアンテナを広げて行こう。そうすれば、また良い出会いがあるはず。

翌日、私は失意のまま、ホームセンターに立ち寄った。特にここで、シューズを見るつもりなんてなかった。でも何気なく通ったシューズ売り場で私は、見つけた。運命の人に。

私にぴったりのシューズがそこにあった。運命の出会いは思わぬところであるものである。

CM141021-105932001.jpg

Comment

順三郎くん

君のポテンシャルはこんなものではないよ。いやー60mであれだけ離したのに追いついて来たのは、僕の減速というよりも順三郎くんの後半の走りに光るものがあったんだと思うよ。また来年大きく成長した順三郎くんを見せてね。
2014⁄10⁄23(木) 01:19 | | [edit]

レースお疲れ様でした

レースお疲れ様でした。
お互い完全なレースとは言えなかったかもしれませんが、光一郎さんと走れて良かったです。



「上半身に重りを付けて重心を上げる」
とっても気になっていたので直接お話しできて非常に勉強になりました。

F1カーは前後の重量バランスを整えるために車の最低重量規定まで重りをつけますが…意味合いは多少違うにしてもまさかスプリンターでそれをやる人が出てくるとは思ってもなかったです。

重りを付ける位置ですが、同じ重量であればできるだけ高い位置につけた方が重心は上がりますよね?
自分の頭上を超えて重りを付けることができれば、(現実的かは置いといて…)無限に重心を上げられそうですね!



長くなりましたが、1年ちょっとぶりのレース、本当にお疲れ様でした。光一郎さんからは情報を盗んでばっかりですが、今後また一緒に走る機会もあると思いますので、どうぞ宜しくお願いします。
2014⁄10⁄22(水) 19:28 |

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/2081-93ea0d37



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.