短足でも…。

階段の下りトレーニングをやっていて気づいた事があります。

それは、左右の股関節の柔軟性の違いです。
右足は2段抜かしで降りられるのですが、左足は苦しいことに気づきました。

そしてひらめきました。

左足の可動域が2センチ狭いということは
左足が2センチ短いというのと同じだということです。

ただでさえ、短い足なのにさらに2センチ短くなっているとは(笑)

可動域大切ですね。


たとえ、見た目が短足でも可動域が広ければ足が長い選手と互角と言えますね。

Comment

僕も短足なので、股関節のストレッチを頑張って可動域を広げたいと思います^o^
2014⁄01⁄05(日) 16:57 | | [edit]

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/2025-a1d6de53



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.