質問:短距離走は才能がなかったら10秒台では走れないですか?

質問を頂いたので、僭越ながら回答させていただきたいと思います。

質問:短距離走は才能がなかったら10秒台では走れないですか?

回答:答えは、イエスでもあり、ノーでもあると思う。
まずは、才能の定義をさせてもらおうと思う。

【体格的な才能】
身長や筋肉のつきやすさ等
これは遺伝的な要素が大きいかも知れない。
あるいは幼少期の栄養状態や睡眠にも大いに関係してくる

【筋肉の質】
短距離選手は速筋繊維が多いことで知られている。
もしも、遅筋繊維の多い選手ならば、100m選手には向いていないといえる。
自分の筋肉タイプは、最近は簡単な検査で分かるので
是非一度測定してほしいと思う。

【運動神経】
運動神経が急成長する9歳~12歳をゴールデンエイジと呼ぶ。
この時期に神経系の発達はほぼ完成され、
動きの巧みさを身につけるのにもっとも適していると言われています。


【精神力・集中力】
これは、後天的に本人の努力によって
伸ばすことが可能

【アイデア力】
これは、知識のバックボーンと
素直な気持ちがある人にはアイデアが沸いてくる。
これも後天的に伸ばせる能力


//////////////////////////////////////
【結論】
私たちが才能と定義するものも
人間の可能性を分析したものの一部分にしか過ぎず、
人間の可能性は計り知れない。

人間の能力はいくつになっても伸ばすことが可能。

自分の弱点と強みをよく理解して
弱点を悲観せずに強さに変えていく努力こそ大切。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/2009-3475c5d7



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.