スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキレス腱予防 その2「階段下り」




【階段下り】
これは階段シーズン中にトレーニングの中で編み出されたトレーニング
大腿四頭筋の肥大防止のため、階段を上るトレーニングを
陸上シーズン中は封印していますが
階段の下りトレーニングは年間を通して行います。


階段シーズンに入ると、

バランスよく鍛えるために
縮める動作(階段を上る動作)をやったら
伸ばす動作(階段を下りる動作)もしっかりやっています。


筋肉は縮める動作ばかりやっていると
スピードと柔軟性を失います。

同時に伸ばす動作が大切です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1:動作はゆっくり行う(ゆっくり伸ばす)
2:かかとを浮かせたまま(次の足に移ったら、かかとを着けてよい)
3:深い前傾を保ち、ハムストリングとふくらはぎを伸ばす


【目的】
ハムストリングとふくらはぎにストレッチパワーがたまることが目的

急激な動作は腱や、筋肉の付け根(起始・停止)に
負荷をかけてしまい、故障につながる。

筋腹(筋肉の真ん中)に負荷を乗せること。
つまりヒフク筋とヒラメ筋にストレッチパワーを貯められる合理的な
動作と筋収縮のタイミングを習得できれば、
アキレス腱にかかる負荷を減らすことができる。

ハムストリングとふくらはぎの筋肉は解剖学的に繋がっている。大腿二頭筋と腓腹筋は二関節筋

大腿二頭筋は股関節と膝関節
腓腹筋は膝関節と足関節にまたがっている。

ハムとふくらはぎを連動させたエクササイズは効果的。

ハムとふくらはぎをストレッチさせることで、股関節、膝関節筋、足関節と3つの関節にまたがって、ストレッチパワーを貯めることができる。

これが、スプリンターにとってドンキーカーレイズが効果的なことの理由になる。

/////////////////////////////////////////////////
入荷しました こうちゃん超愛用のスパイクピン
spikeAD.jpg

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/2008-c0baf878



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。