1997年7月 学連記録会200m

昨年までの自己ベストは10秒95(高3)⇒10秒64(大学1年6月時点)

0秒31秒のベスト更新というのは100mでは大きな数字だ。
100m走を10秒0で走るスプリンターの平均速度は

10m/秒

そこで、10m/秒×0.31=3、1m

高校時代の自分自身に3,1m差をつけることができる計算になる。
(動画あり)
↓↓↓↓↓
よく競馬では3馬身離しての勝利などという。
それを人間に当てはめてみたい。

○人身とても言おうか(笑)

成人男性の平均が1m70としてたら、
3,1÷1.7=1.8…

答え 約1.8人身

皆さん人身事故にはご注意(笑)
★★★★★
大阪選手権で出した10秒64という記録は当時大体大の先輩が持っていた
在校生のベストタイム10秒66を更新するもの。

なんと私は大学1年の最初の試合で、大阪体育大学の中で1番になってしまったのだ。
★★★★★
いまでは反省しているが、当時のことを思い出すと、先輩に対して少し高慢だったように思う。

しかしグランドに降りたら先輩も後輩もないと思う。
トレーニングにおいては先輩後輩関係がトレーングの妨げになってはいけないと思う。

今ならもっとうまく人間関係をやれると思う。
自分の希望を100%叶えつつも先輩とうまくやれると思う。

でも当時は先輩の決めるメニューが気に入らないと
私は部活に行くのをやめて、自主練習に励む毎日だった。

想像してもらえるだろうか?
ただでさえ上下関係が厳しい体育大学の中で、
先輩のトレーニング法を否定し部活に来ず、試合だけに出場する
生意気な1年生。

先輩が切れそうになるのも無理はない。
勇気があるのか、無謀なのか分からないチャレンジ。

多くの人にご迷惑おかけしたなぁ。
★★★★★
さて、この試合は1997年7月の学連記録会200mの試合。
1着だったもののタイム低調。たしか22秒1くらいだったと思う。
すこし中だるみの時期だったかな。


この記事が面白いと感じたあなた!
ブログ・ランキングに投票お願いします♪
↓↓↓↓↓
ブログランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■このブログのホームに戻り、最新の記事を読む
■動画★一流選手のフォーム
■こうちゃんの陸上教室へジャンプ
■動画★福男へジャンプ
■動画★こうちゃんの試合結果へジャンプ
■こうちゃんのコラムへジャンプ
■MUSIC&DANCE!へジャンプ
■青春時代(中学)へジャンプ
■青春時代(大学)へジャンプ
■青春時代(宣教師)へジャンプ
■日記へジャンプ
■動画★おもしろ動画
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/199-f7baf444



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.