スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バネのつくり方

大学時代の私はバネが溜っている時しか部活に行かなかった(笑)

バネの正体は「超回復」

試合当日にバネをためておくのはもちろんだが、
普段から、バネを把握して、操作できるようになると、練習のサイクルが上手く回り出す。

以下は私の一例。選手個々によって、回復力が異なるので、自分流にアレンジして下さいね!

(金)バネ指数3  ウエイトトレーニング脚ガンガン
(土)バネ指数1.5 レスト
(日)バネ指数2  レスト
(月)バネ指数3  ほぐし+流しのみ+軽くプライオ
(火)バネ指数4  SDガンガン走る(競争)+プライオガンガン
(水)バネ指数3  加速走
(木)バネ指数2  レスト
(金)バネ指数4  SD
(土)バネ指数2  レスト
(日)バネ指数3  レスト
(月)バネ指数4  SD
(火)バネ指数3  ウエイトトレーニング脚ガンガン
(水)バネ指数1.5 レスト
(木)バネ指数1  レスト
(金)バネ指数3  ほぐし+流しのみ+軽くプライオ
(土)バネ指数4  SDガンガン走る(競争)+プライオガンガン

コツ1
ウエイトトレーニングはエキセントリックな種目を多く行い、かなり追い込む。翌日は歩けなくなるほど、追い込む。エキセントリックなトレーニングは筋肉をたくさん破壊する。
当然回復には時間がかかる。

コンセントリックな種目で作った筋肉痛は回復が早い。しかし回復してもバネにはならない。バネに転化するのはエキセントリックな筋肉痛のみ。


コツ2
筋肉痛の期間は完全休養とする。
これをライオンの昼寝と呼ぶ。
大胆に休むことによって、速筋が成長する。
この期間、上半身や体幹部の筋トレをしても良い。

ライオンになるのか、うさぎで終わるのか、この期間の過ごし方で決まる。

経験上、真面目な性格な者はうさぎで終わり、一見して、不真面目に見える者がライオンになる。


うさぎはいつも走り回っているから、いつも疲れている。 ライオンは狩りをすべき時を知っている。
狩りに備えて、ゆっくり身体を休めている。


コツ3
筋肉痛がレベル3まで回復したら、
まずは初動負荷トレーニングで軽く筋肉をほぐす。

そして、ほんの少しプライオ。
ジョグみたいな流し。

しかしフルストレッチはしないし、フルジャンプも
全力疾走も行わない。

これを「ライオンの背伸び」と呼ぶ。

フルストレッチと全力疾走は翌日。
ここで全力疾走したい衝動を抑えることが大切。

「自制心は男らしさです」
ジェームス・E・ファースト

自制心を働かせた者は
翌日、大きなバネを手に入れられる。

コツ4

筋肉痛からレベル4まで回復したら
ウエイトのパワーを瞬発力に転化するために
プライオメトリックを行う。

このタイミングが最適。

コツ5
そして、ついに走る時が来た!

バネ指数4まで回復したら、
全力疾走でSDなどを行う。
バネは最高に溜っているので、
最高の走りが出来るはずだ!

ぜひ、競争を申し込もう!
この日こそ、こういちろうが学生相手にSDを
挑む日である(笑)





コツ6
基本原則はバネのある日にガンガン走り、バネの無い日には休む。練習日記をつけていれば、自分の筋肉痛が何日後回復するか、正確に予想することができるはずだ!
そうなれば、試合当日にピークを自由自在に持っていけるようになる。
「ピーキングこそ、陸上競技の醍醐味です」
by高野進先生

Comment

Re: 質問です

メッセージありがとうございます。なぜエキセントリックな筋肉痛のみがバネに転化されるか?ですが、私の経験上の法則です。
2013⁄05⁄13(月) 11:48 | | [edit]

質問です

バネに転化するのはエキセントリックな筋肉痛のみ。と書いてありましたが、なぜエキセントリックな筋肉痛だけがバネに転化するんですか?
2013⁄05⁄13(月) 10:19 |

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/1970-9e92120d



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。