スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐生君の記録の伸び白

桐生君が昨年エコパトラックゲームで10秒19を出した時、私はこう思った。

「凄い高校生が出てきたなぁ。技術的に完成されている。上下動が全くないフォーム。股関節と膝関節が連動し、膝関節は完全に固定されている。」

「だが、それが故に、この選手の伸び白はもうない。」

昨年の10秒19の時、すでにピッチは4.81歩/秒
統計的に人類が5歩/秒を超えることはない。
(土江選手を除く(笑)

桐生君の場合、ピッチは既に限界に近かった。。

ストライドは体力要素
ピッチは技術的要素が大きい


記録の短縮にはストライドの向上しかない。
つまり
「適切なパワーポジションを既に持っている選手は劇的な体力要素の向上がない限り、ストライドは向上しない。」

///////////////////////////////////
私のネガティブな予想とは裏腹に桐生君は10秒01を出した。

ストライドは49歩→47.2歩
平均ストライドは204cm→212cm
ピッチは4.81歩/秒→4.72歩/秒

今回のタイム短縮がストライドの向上が要因だったと一目で分かるデータだ。

高いピッチを実現した技術的に完成された選手がもう一度体力向上にターゲットを絞り、実際のタイムを短縮させた例は今までほとんどない。

今回の記録は荒削りな選手が技術を手に入れ、ピッチを向上させたものとは全く異なるもの。

まさに陸上の常識を覆す、大記録だったのだ。


/////////////////////////////////
P.S.桐生君に伸び白がないって言ったこと、ごめんなさいね(笑)許してくださいね。


ある高貴な科学者が
「それは不可能である」と言う時、
それはだいたい間違っている

マーフィーの法則

////////////////////////////////

こうちゃん超愛用のスパイクピン
7mm円すいピン入荷しました!
spikeAD.jpg

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/1953-8f0f65df



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。