昼飯前の階段

昼飯前の階段214段
スピード持久力の体力維持のために
週1でやっています。

これ以上頻度を上げると走れなくなるので、バランスを考えて自分は週1にしています。

でもあんまり気にしない選手もいますから
人それぞれですね。

階段でのグッドレイズは年間を
通して実施して、よりしなやかな
階段フォームとパワーポジションを
筋肉に教育します。

//////////////////////////

「柔能(よ)く剛を制す」


私も34才になります。
剛の成長には限界があります。

しかし、柔の成長には
延び白がまだまだあると
最近考えています。

まだまだ改善できる点はあります。
改善点が分かったら
改善策を自分の知りうる知識を総動員して
考え、試行錯誤します。

知らない知識はどんどん学びます。

若い人から、自分よりも遅い人からも
謙虚に学びます。


そういうプロセス、
学び→実行

試行錯誤を通して必ず答えに
近づける力が人間には
もともと備わっていると
分かってきました。

頑張ったと神様が認めた時、
最後のひらめきをプレゼントして下さいます。

人はインスピレーション(ひらめき)なしに
新たな壁を破ることは出来ません。

ただ、インスピレーションを得る
正しい方法を知っている人は少ないと思います。


失敗→謙遜→貪欲な学び→実行→失敗
→謙遜→貪欲な学び→実行→やや成功
→貪欲な学び→実行→ひらめき !

ひらめきは
単純なプロセスなのですが

誰でも自分流にこだわり過ぎて謙遜に慣れなかったり、学ぶのが面倒くさくなる時、ありますよね。


///////////////////////////////


今日はハムと臀部、背筋で立てると
(裏で立つ)
大腿四頭筋にあまり力を入れる事なく
階段を上がれる事を発見しました。

大腿四頭筋を使わなければ、
後半、大腿部が重くなることはないです。

この感覚を一年かけてみがいて行こうと思います。

階段で身に付けた体力はそのまま陸上に
生かすことは出来ませんが、
階段を速く走る為に試行錯誤した経験は
かなり陸上に転化、活用できると分かってきました。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/1913-b3f19f0c



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.