スプリント・トレーニング・マニュアル

スプリントトレーニングマニュアルは短距離走者には必ず読んでもらいたい必読の書。高校時代擦り切れるほど読んだ。

こういう、基本的な本を何度も読むことによって
学習力がついてくる。

現代は情報の洪水が起きている。

有益だが、情報が多すぎる。

学習力の身についていない中学生、高校生が、
目新しい情報に影響されてバランスを失うことが良くある。
★★★★★
だからこそ、自ら学ぶ力、これが現代に必要なのだと思う。
それには良書から学ぶこと。

これが一番大切だと私は考えている。

Comment

ありがとう
2013⁄02⁄22(金) 11:40 |

同感e-68

クロさんわかってるねーさすが!!!
2006⁄06⁄08(木) 00:00 |

そうですね~、初動負荷とかなんばはやり方や理論こそ書いてありますが、他の要素が少ないのでなかなか実践できないってのもあります。それに比べてスプリント・トレーニング・マニュアルは練習方法、サイクル、ポイントなど、計画から技術まで網羅されている点は他の本にはあまりかかれていないところですね。ジュニアから一般まで陸上競技者みんなにおススメだと思います。
2006⁄06⁄07(水) 21:11 |

だよね~この本ホント良いよね~。
★★★★★
これを読んでから、
"初動負荷”とか“なんば”とか学んでほしいよね~♪
2006⁄06⁄06(火) 19:49 |

自分も大学に入ってから陸上を再開するに当たって、知識がみんなより遅れていると思い、結構陸上の本は読みましたが、この本は自分もお気に入りです。
2006⁄06⁄05(月) 23:09 |

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/190-508e3c07



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.