身体にハーモニーをもたらす

どうにかして初動負荷マシンを使わないで、
ほぐす方法はないものか、
エキセントリックに負荷をかけられないものか?

これは四六時中考えてきた。
そして生まれてきたのが
「グッドレイズ」

そして、ハムだけでなく、中臀筋、内転筋、大腰筋をほぐすには
どういう動きをすべきか、検討した。

その後、グッドレイズは様々な改良とアレンジを加えられた。
研究に研究を重ね、私のルーチンはかなり出来上がってきた。

インナーマッスル、コアマッスル、主動筋、拮抗筋
この4つの要素をどういう風に回して、ほぐしていくか
その順番に最近こだわっている。


僕が思う最高の組み合わせはこうだ。
順番としては、まずは中心をほぐす→そのあと、アウターをほぐすという順番
もう一つは、拮抗筋をほぐす→主動筋をほぐすという順番


エクササイズ1:体幹部の屈曲動作のほぐしエクササイズ
エクササイズ2:体幹部の伸展動作のほぐしエクササイズ
エクササイズ3:股関節の屈曲動作のほぐしエクササイズ
エクササイズ4:股関節の伸展動作のほぐしエクササイズ


本当に効果的なエクササイズはたった1セット行っただけで、
効果がでるもの。

調子の良いときは、「そんなにアップはいらなかった」という経験は
誰ものが感じたことがあると思う。

しかしその調子のよさを再現する方法は長い間謎だった。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
インナーマッスルだけが強くてもダメ(ヨガの達人)
アウターマッスルだけが強くてもダメ(ボディービルダー)
インナーマッスルだけが緩まっていてもダメ(遅い動きは良い動きをします。)
アウターマッスルだけが緩まっていてもダメ(1発だけの動作なら瞬発力があるように見えます)

すべてはハーモニー(調和)なんだよね。
身体にハーモニーをもたらすためには全部必要。

そして、変化はいつもインサイドアウトから起きる。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/1814-9c880ec8



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.