スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己ベスト!10秒42

忘れもしない。あれは1998年10月4日
日本選手権準決勝 私が自己ベストを出した試合。

高画質再生はこちら

通常画質再生はこちら
   ↓↓↓

吉田 1レーン 伊東選手 5レーン
(準決勝2組あり、4着までに入ると決勝進出。これは文字通り、日本のベスト8を意味する。)



レース結果

この記事が面白いと感じたあなた!
ブログ・ランキングに投票お願いします♪
↓↓↓↓↓
ブログランキング

★★★★★★★★★★★★★★★
この日は安息日だった。

午前中、熊本の教会に集い午後からのレース。

熊本wに行くとびっくり!

なんと知っている人いたのだ!

「おお! 勉 宣教師やってるじゃん!!!」

名古屋の友達であり、ユース時代から知っていた
日坂勉くんが宣教師として働いていたのだ。

安息日教会の中では当然静かにするのが常である。
しかし、僕らは2階に駆け上がり騒いでしまった(笑)

教会に行き、友にも励まされ、
私の身体と霊のコンディションは最高だった。

必ず、ベストがでる。そう思った。

日本選手権の決勝進出ラインは10秒4台。
「必ず達成できる。」

スタートラインに立ったときそれを確信した。

当時、10秒2台も難しいことではなかった。
ちなみにこの年の日本選手権の準決勝に進出した大学生は
6人だけ。その中でも私と長島くんは一番若い学年だった。

当時私は大学2年
シドニーオリンピックが開かれる2000年は丁度、大学4年の年
オリンピックが狙える位置に私はいた。

1998年日本選手権100m準決勝進出者のリスト
年齢順
(70とは1970年生まれを指す)

伊東 浩司[70] (富士通 ・神奈川)
伊藤 喜剛[70] (ユー・ドム ・茨 城)
譜久里 武[71] (沖縄陸協 ・沖 縄)
窪田 慎[72] (ゼンリン ・神奈川)
平岩 雄志[73] (東京陸協 ・東 京)
河辺 崇雄[74] (富士通 ・京 都)
土江 寛裕[74] (富士通 ・神奈川)
柴田 剛[74] (城山観光 ・鹿児島)
増子 大祐[74] (佐藤工業 ・福 島)
小笠原淳亙[74] (鹿角市陸協 ・秋 田)
大槻 康勝[76] (法 大 ・神奈川)
高橋 和裕[76] (早 大 ・奈 良)
渡辺 辰彦[76] (中 大 ・三 重)
昆 貴之[77] (福岡大 ・新 潟)
長島 洋[78] (国武大 ・栃 木)
吉田光一郎[78] (大体大 ・愛 知)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■このブログのホームに戻り、最新の記事を読む
■動画★一流選手のフォーム
■こうちゃんの陸上教室へジャンプ
■動画★福男へジャンプ
■動画★こうちゃんの試合結果へジャンプ
■こうちゃんのコラムへジャンプ
■MUSIC&DANCE!へジャンプ
■青春時代(中学)へジャンプ
■青春時代(大学)へジャンプ
■青春時代(宣教師)へジャンプ
■日記へジャンプ
■動画★おもしろ動画
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment

主人と楽しく画像 をみました. これからも頑張ってください.
2006⁄12⁄18(月) 12:30 | | [edit]

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/181-d72529c5



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。