外旋させながら、伸展

外旋させながら、グッドレイズをやると、中臀筋と内転筋がほぐれてとても良い感じ。昨日発見したのですが、これは大きな発見でした。


股関節の中心にベアリングが入ったかのような、滑らかさが体感できます。

内転筋と中臀筋のコリが取れると、股関節の伸展もスピーディーになります。

キックするとき、股関節は外旋しながら、伸展します。

ハムなどの伸筋に加えて、外旋筋群にもストレッチパワーが上手くたまると、より力強いキックが実現できます。

最近のブームは

外旋しながら、伸展
内旋しながら、屈曲

この2つの動作の連動性を高めて、単関節でなく、多関節にストレッチパワーを均一に貯めておくことです。

多関節に均一に負荷をかけきることで、一部の筋肉に負荷をかけることなく、パワー増大と怪我防止の両方が実現できます。


逆に一部の筋肉に負荷が集中すると肉離れが起きます。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/1742-87621d6c



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.