自分が一番輝く 「強み」と「条件」

YOUTUBEでアマチュアの歌手がいろんな曲をカバーしているのを聞くのが好き。
残念ながら、中には歌は上手いんだろうけども録音状態が悪いものも少なくない。

声量があり、声域がわりと低い歌手ならば、
悪いマイクでもそれなりに聞こえる。

透き通るような声を持つ歌手
ただ、声量がなく、声が細い、そして高い声の歌手は
マイク選びによってかなり出来栄えがかなり左右されてしまう。

そんな歌手には音が均一になるように
コンプレッサーを掛けたり、リバーブを掛けたりして補う。

歌手ならば、エフェクトなど使わず、素の歌声で
勝負すべきと考える人も居るだろう。

でも、エフェクトを掛けたり、マイクを良いのを選ぶのは決してズルじゃないと思う。
エフェクトやマイクは楽器選びだと思うから。

自分の声を最大限に生かせるマイクやエフェクト処理を行い、
観客が一番良い響きで聞くことができるようにすること。」

大切ではないだろうか。


陸上でも同じことが言える。

底体力があり、あまり些細なことを気にせずにぐいぐい伸びるタイプ。
一方で、底体力はないものの繊細な感覚を持っている選手。

マイク選びのように、繊細タイプの選手は自分が一番輝く
「強み」とそれを再現できる「条件」を良く知っておくことが大切。

Comment

Trackback

http://fukuotoko.blog53.fc2.com/tb.php/1360-907e15d6



Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.