スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股関節外旋キックに最適な歩隔

歩隔(ほかく)を肩幅よりも3cm~5cm程狭めて接地すると、股関節の外旋キックがやりやすい
スポンサーサイト

有害だという結論づけは「諦め」

スタートの股関節の動きは外転動作。
トップスピードに乗った時の股関節の動きは外旋動作。

外旋が上手くできると、外転が苦手になったり。外転ばかりやってると、外旋が苦手になったり。そういう弊害が出ます。でもだから階段走は有害だという結論づけは同時に「諦め」であると思うので、両立できる方法を模索しています。

そして、今日は股関節を外転にセッティングするグッドレイズを思いつきました。

これで、外転と外旋。自分が強調したい動作に自分自身をセッティングできます。

つまり、階段走のウォーミングアップとスプリントのウォーミングアップの差別化ができるようになりつつあります。

グッドレイズに捻る動作(股関節の外旋動作)を入れてみた。凄く効果的だった。

グッドレイズに捻る動作(股関節の外旋動作)を入れてみた。凄く効果的だった。
ウォーミングアップに最高の種目が加わった!

そのエクササイズが効果的かそうでないかは、エクササイズを行った後に走ってみると一目瞭然。


Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。