アーメンと言った瞬間に拍手喝采?

自分が残してきたドリフト(足跡、轍)を辿ることは自分の価
値観を発見することに良いことだと、最近習った。

だから、少し振り返りたい。

わたしが中3になったとき、担任の先生は土屋薫先生と言う先
生だった。男性なのに薫という名前が僕らにとって少し珍しく
響き、人気があった。指導力もあった。学年主任をしながら僕
と啓介くんと言う問題児を受け持ったことは今となっては「尊
敬」の一言に尽きる。

薫先生の専門は数学。
ぼくは数学が元来得意だったため、
(小、中とおじいちゃんの家庭教師でみっちり鍛えられた。)
薫先生のクリエイティブな授業が大好きだった。

そして土屋先生は僕を買ってくれた先生だ。
土屋先生の授業はまず
「教科書をみんな机の中にしまえ。」
という言葉でいつもはじまる。
そう、薫先生の授業では一切教科書を使わないのだ。

そして、問題をいきなり出す。分かったものが手を挙げ薫先生
にこっそり教える。
時には皆が自由に発言する。
(ブレインストーミング)
そうして、答えらしきものが見えてきたら、先生はどういう法
則でそれが導かれているのか生徒に考えさせ、
生徒に自ら「公式」を編みださせる。

比較的学習容量の少ない中学だからこそ出来る授業のスタイル
だと思うかもしれない。しかし、もし生徒のモチベーションを
上げる力量があるならば理想的な授業だと思う。

蛇足だが、このスタイルは私にも受け継がれているようだ。
(でも、最近このことに気付いた。だからこそ自分のバックグ
ラウンドと価値観すなわち、何故私はあのときそういう選択を
したのかを明確化したいためにこれを今書いている。)

☆★☆

専任宣教師として、北海道で働いていたとき、ボランティアと
して地域の住民の為に英会話をしていたのだが、

Missionary Picture Show

宣教師時代のピクチャーショーをアップしました。

ラーキンス伝道部長と姉妹




再生

再生350kbps約5分(音声ONにしてね。)




Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.