【動画】2016年 JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会

【動画】2016年 JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会

https://youtu.be/ESl7OoFyR5s

【動画】2015.2.14 JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会

【動画】2015.2.14 JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会

最終レース クライマーズVSAC湘南組


総合の部優勝争い
http://youtu.be/vgftP34Awhk

45歳以上の部 優勝争い
http://youtu.be/AaXeAuJmFkg

女性の部 優勝争い
http://youtu.be/uhBmSwVOGpI

尾張選手権は11秒50(+1.0)

尾張選手権は11秒50(+1.0)というタイムで予選落ちに終わりました。
あまりのタイムの悪さにがっくりしましたが、ビデオを見てみて、見どころはあったと思い希望を持ちました。
スタート~中盤。プライオ効果は出たと思います。
後半ばてました。やはり走り込みが必要です。
40mダッシュだけでは100mは走り切れないようです。
スタートの惰性ではもう走れないと良く分かりました。若い頃は惰性で走れたのですが、36歳の私の桶にはスピード持久力という板が足りないようです。
自分の強みと弱みがはっきり出たレースでしたね。弱さを強さに変えてまた次に挑戦したいです。


image003.jpg



【動画】肉離れからの復帰戦 第一戦

会社の運動会に出場してきました。
今シーズン初試合。

昨年の八月に肉離れしてから初の平地レースです。

結果は、手動計時で6秒22。

準備としては週2~3で15分の走練習
15~30分の筋トレ。短時間の練習でここまでできれば上々だと思います。

しかしながら、かなり計画的にバランスを考えて練習して、
それなりにピーキングも作りました。

夏の繁忙期が過ぎれば、トレーニングにも割ける時間が増えると思うので
10月の尾張選手権を目標にトレーニングを進めます。



会社の運動会50m走動画

会社の運動会50m走

1位 吉田   6.00
2位 近藤さん 6.17

会社の運動会とはいえ、
ハイレベルな戦いでした。
今年は息子が風邪のため家族で参加はできませんでした。  
来年こそは、走りを見せたいですね。

50m走
http://youtu.be/FxDClW_BhW8?t=1m20s

リレー
http://youtu.be/639iMqqPOvM?t=1m18s

中京大土曜競技会100m




2013/04/06
中京大土曜競技会100m

予選11.30(-1.4)
B決勝11.29(-1.4)

目標だった、10秒80はおろか
10秒台にも遠く及ばなかった。

なぜ、また向かい風。
嘆きたくなる。

でも多分今じゃないんだ。

10秒台を出すには、
そして、さらに突き抜ける為には
ここで試練を受ける必要があるんだ。


11.20(+0.8)無風換算11.27 2012/10/06
11.38(-1.6)無風換算11.22 2013/04/06
11.29(-1.4)無風換算11.15 2013/04/20


10秒台はだせなかったけど、
シーズンベストを0.09秒更新した。
無風換算だと。昨年よりも0.12更新。

たった0.12秒だけど、
11秒2台からしか見えない景色がある。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
暗闇の中を電車が走っている。
先は真っ暗で見えない。
しかし、ライトがあるお陰で、
200m先までははっきり見える。

僕の心に光があり、前に進んでいる限り、
かならず、終点に到着できる。
僕はそう信じている。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今回、11秒2台まで身体が戻った。

次のターゲットに向けて、
視界は良好だ!


/////////////////////////////////////////////////

こうちゃん超愛用のスパイクピン
spikeAD.jpg

【動画】2013年4月6日 尾張記録会





「おはようございます。吉田さん、今日は100mに出られるんです

か?プログラムに名前ありませんでしたよ。」


「まさか…。」


調べてみると、確かに名前がなかった。
エントリーミスがあり、
大会に登録されていかなったのだ。


申し込み担当者が直談判してくれて
ようやく22組の1レーンで走れることになった。

私の為に骨を折ってくださった方々に心から感謝したい。

走れると分かったのが、
1組のレース45分前。

1組が始まったとき、雨はまだ降っていなかった。
1組横井さんが11秒03(-2.8)という好タイムを出す。
そこからは向かい風4m~2mの風がずっと吹いていて、
時々さらに強い突風が吹いていた。


10組を過ぎたあたりから、
雨が降ってきた。

でも大丈夫。
ぜんぜん想定内。
自分に言い聞かせる。


私は事前に準備してた
シャンプーハットでスパイクが濡れるのを防ぐ等
出来る限りの雨対策をして、レースに備えた。

20組
雨がぱらぱらから、本降りに変わってきた。
しかし、風は若干収まったように思う。

22組
ついに私のレースがやってきた。
雨は本降りだ。

もしも1組だったら、とも思うが仕方ない。
この雨のせいで風が収まったようにも思う。

この状況を受け入れ、最善を尽くすのみだ。

高校生が雨の中、ランパン・ランニングシャツで
寒空の中、雨に打たれている中、
私はいつもどおり、カッパ・ジャージを着たまま
スタブロを合わせ、ギリギリまで
雨を受けないように備えた。

レースが始まる直前、私はようやくジャージを脱いだ。
尾張陸上界の長(おさ)である
牧さんが私の脱いだジャージを預かってくれた
感謝したい。

私は位置についてといわれるまで
シャンプーハットを頭にかぶり、
スパイクもシャンプーハットで保護した。


スパイクが濡れると、滑るし、重くなるし
良いことはなにもないことは経験から良く知っていたから
スパイクを濡らさないことはかなり注意した。

そしてレースが始まる。

/////////////////////////////////


「on your mark」

私はジャンプーハットを外し
スパイクのカバーも外してスタブロに向かった。

「SET」

「バーン」

雨の中、号砲が鳴り響いた。

私はいつものDGS(Defying Gravity Start)を決めた。
反応時間はまずまず、そこからの3歩は練習どおりだったと思う。

そこから加速
後半70mあたりで突風を感じた
「ふふふ。やっぱり来たか。でもリラックスリラックス」
と自分に言い聞かせ、ゴール目指した。


後半の走りは向かい風もあり
あまり良くなかった。


ゴールタイマーは11秒37で止まっていた。
のちに正式計時は11秒38(-1.6)


目標であった、10秒台がでかなったことで
若干、落胆した。

しかし、大失敗(肉離・転倒)なく
レースを冷静に運べたのは、自分としても
成長がみられたと思う。

エントリーミス、暴風雨。レース時間が読めない。
など、神様は私にかなりの試練を今回課したと思う。

しかし、これは私が今後飛躍する為の
試練なのだと、私は理解していている。

この経験をよくフィードバックして
今後の陸上人生に生かして生きたいと思う。


/////////////////////////////////////////////////

こうちゃん超愛用のスパイクピン
spikeAD.jpg

動画 2013年JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会

動画 2013年JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会
第18レース

2012年10月6日 尾張選手権 男子100m



2012/10/06 尾張選手権

予選)11秒20(+0.8)50歩
(のびのび走った。すごいストライドが出せた。
しかし、上下動をだしてしまいピッチが低下した。)

決勝)11秒22(+0.9)52歩
(上下動を抑え、ピッチを狙ったが失敗した。
しかし上手く走っても現状では
11秒0台が精一杯だろうと思う。)

2012/8/4  中京大土曜競技会で記録した
11秒22(+0.8 53歩)を0.02秒短縮し
シーズンベストを出しました。

今回、スタートからストライドを出すという
目的でトレーニングしてきました。


【8月~10月に重要視したトレーニング】
・パワーアップ(最大筋力アップ)
・プライオメトリクス
・エキセントリックエクササイズ(グッドレイズ等)
・オーバースピードトレーニング
・体幹部の強化、ツイスト動作と股関節の外転の連動(相撲スタート)
・頚反射と骨盤の前方旋回の連動


結果、50歩と、大学時代と変わらないストライドを出せました。
股関節の伸展パワーは大学時代よりも低いと思いますが、
体幹部を上手く連動させれば、ストライドが出せることも
証明できたと思います。
(予選のレースで私の体幹部に注目してください。)

ただ、中盤から後半、膝が伸展してしまい、それが上下動を生み
ピッチが低下してしまいました。

10秒台は来年に持越しです。
でも1歩前に進んだと思います。

今まで見えなかった景色が見えるようになりました。
(詳細は動画を見てくださいね。)

P.S.  
DGスタートは成功しました。
これはかなり確実なスタートだと思いました。
もっと改善して精度を高めます。



昨日行われた会社の運動会50m走は6秒12で優勝できました。
2位6秒41 3位6秒53とハイレベル

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
6秒12(手動)→電気換算6秒36→100m換算 11秒21

体育館ならまずますでしょう。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

50m走の動画はないのですが、リレーの動画を妻が撮ってくれました。
1周160mトラックのカーブはキツイ(笑)
練習次第でもっと上手く走れたかと思います。
でもバックストレートの走りは良かったと思います。

今回の体育館の床はモルタルにビニールの
薄いシートが掛けてあるような感じでした。
かなり硬い。

普段トラックで走るときは結構つま先接地で
それが自分に合っているのですが、
今回自然と、フラット接地になって
上手く地面に力を伝えましたね。

意識したわけでないのですが、
ベアフットトレーニングや
股関節のエキセントリックエクササイズのおかげで
自然と身体が適応しましたね。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

結局フォームって意識するもんじゃなくて、
コンディションによって変わって行くものなので
それに適応できるようなナチュラルな身体を作るための
トレーニングを積むことが大切かと思いました。

内側から感じて、外側を適応させる感じ。
(インサイドアウトです。)

一つの走法のフォーム、選手を型にはめるというのは、
間逆だと、昨日思いました。

変化はいつもインサイドアウトです。
アウトサイドからは変わりません。
昨日のフォームは自然と身体から出てきました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

…と言いつつ、今日もせっせとアウターマッスルを鍛えます(笑)

20120804中京大土曜競技会



11秒22(+0.8)でした。
友人提供の動画です。こっちのほうがアングルが良いです。

2012年8月4日 中京大土曜競技会に出場しました。


(撮影者がいなかった為、ビデオは置き撮りです。
見難くてすみません。)


昨日、中京大土曜競技会に出場してきました。
結果は11秒22(+0.8)でした。

キレとスピードが戻ってきました。

目標の10秒台には到達できなかったものの、
昨年の記録である11秒52から0.3秒短縮できたことは
大きな収穫でした。

50mのタイムを1ヶ月で0.8秒短縮した11歳の娘。
僕は100mを9ヶ月掛けて0.3秒短縮。
もう30代の親父ですから、成長は少しづつです。

今回分ったことは、年を取っても成長することはできる。
ただ、新陳代謝は青年期よりも遅いわけですから
成長もゆっくり。でも退化もゆっくりですから、
3日~6日ぐらいなら、練習を休んでも、身体がなまることはなく、
身体を維持するのは青年期よりも容易だということです。

現在トラックトレーニングが週2回程度しかできないので、
仕事の休み時間に筋トレをしたり、仕事中の移動は階段を使ったりと
出来る限りのイマジネーションを使ってトレーニングメニューを
創造できた結果だと思います。

残念なのはスケジュールの関係で、ウエイトはほぼ皆無で望んだ今大会。
やはり、「力」も必要でした。

今回は自分で考案したエキセントリックなウエイトを軽負荷で行ったのみ。
ビデオを見ると分りますが、キレはあるものの
パワフルさは、少し物足りない。ストライドが出ていない。

3週間前に1度だけ実施したときは、スクワット60kg、デッドも80kgが精一杯。


次回の試合は10月6日(土)尾張選手権です。
2ヶ月あれば、スクワットを80kg~100kg、デッド120~140ぐらいまで戻せると
思います。


準備して10秒8台を出してきます。
現尾張記録保持者として、後輩にレガシーを残せる走りをします。

(年齢は数え年で表記)

1989年11歳 15秒3
1990年12歳 14秒7
1991年13歳 13秒8
1992年14歳 12秒4
1993年15歳 11秒74
1994年16歳 11秒6
1995年17歳 11秒44
1996年18歳 10秒95
1997年19歳 10秒56
1998年20歳 10秒42
1999年21歳 10秒62
2000年22歳 陸上を休業
2001年23歳 陸上を休業
2002年24歳 陸上を休業(伝道)
2003年25歳 陸上を休業
2004年26歳 11秒36
2005年27歳 11秒00
2006年28歳 10秒74
2007年29歳 10秒67
2008年30歳 10秒74
2009年31歳 陸上を休業(結婚)
2010年32歳 12秒84
2011年33歳 11秒52  
2012年34歳 11秒22

【動画】2012年 JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会

動画は51さんの提供です。
ありがとうございます。



クライマーズドリーム・世界の池野さん
45歳の部 1位 21秒98 大会新

初速からストライドを無理なく広くとることが出来た。
つまりスタートからいきなり速い。

今後は100mの走力(最高速度)と股関節の伸展パワーが付けば
20秒台も夢ではないと思う。
きっと彼ならやってくれる。



クライマーズドリーム・ゆきちゃん
女子の部 1位 26秒42 大会新

身長が155センチくらいにも関わらず2段抜かしを軽々できてしまう選手
来年はすべてのブロックで2段抜かしに挑戦して欲しいと思う。
200mのベストが25秒台なので、階段でも25秒台は十分出せる記録だと思う。 





クライマーズドリーム・ひろたさん
総合の部 1位 20秒03 大会新

得意の鉛直方向の力を上手く使い階段を走り抜けた。
踊り場の処理の仕方が参加者の中でずば抜けている。
今後がさらに股関節の伸展トルクを高めることによって
記録短縮はまだまだ可能だと思われる。






クライマーズドリーム 吉田光一郎
総合の部 4位 20秒81 

前半丸尾君を意識しすぎて
上ばかり見てしまい、
結果としてパワーポジションを全く保てなかった為
加速できなかった。

しかし、後半は評価できる加速が出来たと思う。
12ブロックでつまづいても
鉛直キック力で起こし回転をつくり
手を付かずに体勢を立て直していることは
成長の証だと思う。

自動化の更なる上のレベル
「身体に刻み込まれた動き」
を体現できたとき、19秒台が見えてくると思う。

【動画】2011年 エブリバディデカスロン スプリントトライアスロン 100m




【良かった点】
・ストライドが大きかった
・ブロッククリアランスのパワー
・100mでバテなかったこと
・大腰やハムはノーダメージ



【改善点】

【動画】2011年 第14回京都駅ビル 大階段駈け上がり大会



スロー再生はこちら

2010年大会 23秒34(個人総合7位 団体10位)
2011年大会 21秒77(個人総合4位 団体2位)

昨年の自己ベストを1秒57更新しました。
激務の中で良く準備できたと思います。

【動画】階段駈け上がり 選手の視線バージョン

今回の階段駈け上がりも
サングラスビデオを使って撮影しました。

前半はテンポ良く駆け上がっているのが分かります。
逆に後半のつらさも伝わってくる動画です。

【動画】京都駅ビル大階段駈け上がり大会

【動画】2010年 第13回 京都駅ビル大階段駈け上がり大会


当日のレポートはこちら

町内運動会でひっそりとシーズンイン

2009.5.10 町内運動会 娘に格好いい所見せようとして、本気を出してしまいました(笑)

片手腕立てオリンピック

もう一つのオリンピック、
片手腕立てオリンピックが始まりました。
今回最強の挑戦者が現れました。
その名は全開さん。

その究極の肉体はどのような記録を生み出すのでしょうか?


全開さんの片手腕立て伏せ




信田くんの片手腕立て伏せ




吉田の片手腕立て伏せ



▼▼▼片手腕立てオリンピック▼▼▼
Mixiメールにて私はある偉大なアスリートにメールを出しました。
そして、片手腕立て伏せの動画を依頼しました。
彼の名前は全開さん。
知る人ぞ知る究極の身体を持つアスリート。
10種競技の日本選手権チャンピオンの武井 壮さんです。

全開さんのブログ
武井壮の能力全開スポーツ道
http://diary.jp.aol.com/zenkai/

日本人で彼にかなうのは室伏さんぐらいしかいないと思います。
快諾して頂いた全開さんありがとうございました。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
挑戦者求む!

記録を更新された方はYOUTUBEに片手腕立て伏せとして
動画をアップしてくださいね。

準決勝10秒93というタイムが私に対する正当な評価

【愛知県選手権の反省とフィードバック】


【試合前の調整期間について】
今回はアキレス腱痛もあり
調整段階で技術チェックをすることができなかったのは
残念なことだ

そのアキレス腱痛も練習でなはなく
仕事で出来たものと考えると少し悔しい

2008年愛知陸上競技選手権大会 100m動画

2008年愛知陸上競技選手権大会 100m動画

youtubeの画質に満足できない方
高画質再生はこちらです。

予選10.74(+1.4)
準決10.93(+0.2)



☆動画☆大体大競技会

大体大競技会の動画です。
今回、内転筋を鍛えすぎたことと、
バランストレーニングとBMLが不十分だったことが
原因と思われます。バランスをかなり失って走っていますね。

福男だったら、こけているかもしれません(笑)
福男に向けて課題が見えてきました。

11秒11(+0.0)

2007年最後の試合、大阪体育大学競技会は
11秒11(+0.0)という結果に終わりました。

すべてに原因と結果があります。

今回あまり芳しくないタイムではありますが、
自分の弱点が表面に出たことは、
課題が明確に見つかったということを考えると
来期に向けて、展望が開けたと言っても良いでしょう。

さて、次は福男選びです。
私は立ち止まりません。

こういちろうの挑戦は続きます。

動画は明日公開予定です。

中部実業団分析

予選11秒07(-2.1) 52歩=4.697歩/秒 1歩=0.213
準決勝10秒97(-1.8) 51.5歩=4.695歩/秒 1歩=0.213 

【技術目標・達成度】今回試合に臨む際に自己に課した技術目標は2つ。
これは試合当日に意識して達成できる動きは
だいたい2個~3個までだと経験上感じているため

・相撲スタートでストライドを稼ぐ→達成度3/5→【改善点】3歩目と4歩目のつなぎ目
・膝屈曲キック→達成度3/5→【改善点】後半は膝伸展している

【今回の試合での気付きと改善の余地】
・膝屈曲によって、股関節の伸展パワーがないとき(不調時)でも
ある程度走れることが出来た。しかし、ストライドは出なかった。

・ストライドが出つつ、膝屈曲するようなキックを手に入れたい。

・向かい風の走りを改善することが急務と感じた。

・向かい風の走り方について、研究によって自分で答えを出すことが
必要だ。

【今回の結果の原因】
今回は最大スピードを高めるため、チューブでの加速走がメインだった。
確かに、最大スピードが高まり、ある程度の結果を出すことができた。
しかし半面で、全習法である実際に100mを走るという練習が不足していたので
つなぎ目をうまく走れないと言うデメリットが表に出た。

部分練習法と全習法の使い分けが必要。

負荷走や全身を鍛えるウエイトであるクリーンや
メディシンボールエクササイズをもっと頻繁に取り入れても良いと思う。

負荷走
①向かい風
②坂上がり走
③ウエイトをを引っ張って走る

現在体重が55.5kgぐらいである。これはベスト体重よりも2kg軽い。
私の場合、練習が不足すると、逆に食欲が沸かなくなり、やせる傾向にある。

これは家系的な(遺伝子的)要因が大きい。
特に20代後半になり、食が細くなった感は否めないが、何事にも対策法はあるはずだ。

これが今回向かい風に負けた大きな要因の一つ。

この冬に世界クラスのパワーリフターやパーソナルトレーナーから
(たとえば、浜崎さん、三土手さん)
パーソナルトレーニングを受けようと思う。

今後、完全な疾走フォームが完成した場合、それ以上タイムを上げる為には
キック力をつけて、ストライドを伸ばすことになってくるから。

2007 全日本実業団動画 100m

2007 全日本実業団動画 100m
↓↓↓

中部実業団の試合結果

今日は長良川競技場で中部実業団に出場してきました。

結果を先に書くと
予選11秒07(-2.1)3着 準決勝進出!
準決勝10秒97(-1.8)7着 落選

世界選手権代表・優勝候補の3人は
末續くんが予選を欠場、
準決勝で、小島君が棄権、
決勝では朝原さんが棄権したため
世界選手権代表が誰もいないレースになりました。

決勝は上野くん(V10)が10秒50で優勝
////////////////////////
今回少ない準備期間で実質10秒7台がでたのは
大きな収穫だったと思います。

この冬は向かい風に強くならなきゃなぁと
感じました。

1998年の日本選手権で10秒42で走った訳ですが、
前日のの予選は10秒82(-2.0)でしか走れなかったという事もあり、
私は昔から向かい風が苦手です。

体重の問題が大きいのかもしれません。

しかし、追い風になると一般人よりも大きな伸びが
あるというメリットもあります。

今回評価できるのは2m近い向い風の中で
勝負できたことです。

今回の試合の2つの技術目標であった
スモウスタートと膝屈曲キックはばっちり決まりました。

ローギアからギアチェンジする際にスムーズな
クラッチが使えるようになれば、もっと技術は高まると思います。

動画は明日アップします。

全日本実業団のスタートリスト:朝原さんと同組!

全日本実業団のスタートリストがでました。

100mのスタートリストはこちら

私は朝原さん、川畑くんと同組でした。
予選は3着取り+5。

ほかの組に目をやるとものすごいメンバー。
当然、末續くんもエントリーしています。

さすが全国大会。

気合が入って来ました。


//////////////////////こうちゃんのお勧め商品/////////////////////////


日本陸上界発展のために伊藤先生のDVDは無料で送付しています。(送料のみ)短距離走のバイオメカニクスをぜひこの機会に学んでください。


2_1s_50.jpg


超軽量セラミックピンのショッピングサイト

超軽量セラミックピンの動画商品説明


超軽量セラミックピン、7mm,入荷しました。
セラミックピン愛用者から自己ベストの報告を多数受けています。

しょうた君400m(中3)=50秒44(2007.5)
→50秒00(2007.7)


海優君100m(中3)=11秒70(2006.11)
→11秒54(2007.5)
→11秒45(2007.7)
→11秒22(2007.7)



じゅんや君100m(高2)=11秒88(2006.8)
→11秒56(2007.7)



愛知県選手権100m動画★後半5分からこうちゃんのピアノあり

愛知県選手権100mの動画をアップしました。

高画質モードはこちら
※再生にはDivxプレーヤーのインストールが必要です。
画面の指示に従ってインストールしてください。


再生中に画面にカーソルを合わせダブルクリックすると高画質大画面でお楽しみ頂けます。


普通画質モードはYOUTUBE


Copyright (C) 福男スプリンター All Rights Reserved.